デジタルサイネージはインタラクティブな配信が可能

subpage01

デジタルサイネージは今後注目されている広告媒体の一つですが、その大きな特徴の一つとしてコンテンツの配信がインタラクティブであるという点を挙げることができます。
これまでの広告は、一方通行のものであり、情報を不特定多数の人に発信するだけでしたが、デジタルサイネージであれば、利用者自身がコンテンツを選択することができるので、情報が双方性を持ったものとなります。


例えば、デジタルサイネージにはタッチパネル式であったり、ボタン式、音声の動きの反応するなどの機能がありますから、簡単にコンテンツを利用者が主体で選択することができます。
このようにデジタルサイネージはインタラクティブなコンテンツ配信が可能ですが、さらにアクセス解析も可能となっています。
例えば、タッチパネル式のデジタルサイネージであれば、どのくらいの回数コンテンツを閲覧したのかといったことや、閲覧されたコンテンツの種類、順序などを解析することができます。



順序であれば、最後のコンテンツの一つ前に関しては、何らかの理由があってコンテンツを変更したということになりますから、コンテンツの内容に何らかの問題があったのではないかということを分析することができます。

産経デジタルについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

このアクセス解析をしっかりと分析することによって、より多くの人にマッチしたコンテンツ配信が可能となり、お店であれば売り上げにつながったり、ホテルや病院であれば、サービスの質の向上にもつながっていきます。

今よりもデジタルサイネージを知りたいならご活用ください。

わかりやすい情報

subpage02

デジタルサイネージは駅や病院の待合室などで多く見かけるようになりましたが、これまでの広告との一番の違いとしては、印刷物ではなく1つのディスプレイで複数のコンテンツを表示させる事ができるという点です。コンテンツは、文字や絵だけではなく、動画も映すことができるので、多様なコンテンツの配信を行うことができるということがいえます。...

NEXT

納得の知識

subpage03

デジタルサイネージは、広告媒体の一種であり、主にディスプレイやプロジェクタといったデジタルな表示媒体に映像などを流して商品やサービスなどのアピールを行います。その最大のメリットは、通常の看板が、その看板に書かれた物しか表示できないのに対し、こちらの場合は、動画や音声を表示できるため、アピールの幅が広くなるという点が挙げられます。...

NEXT

読めば解る

subpage04

店前に客足が流れているのに思うように売上が伸びなくて悩んでいる経営者の方は多いものです。店前の導線が良いのに売上が伸びないのは集客方法に問題があるからです。...

NEXT

科学技術の補足説明

subpage04

デジタルサイネージを店前に設置すれば集客効果は変わってきます。看板やポスターという手段もあるのですが、通行人への印象はさほど与えることは出来ないものです。...

NEXT