車検に必要な書類について

車を持つことで必要になるもとして車検があります。


車検は定められた期間内に受けることが法律によって決められており、受ける場合には準備する書類の確認を事前に行っておくことが必要になります。

車検について紹介しています。

検査に必要な書類としては、車検当日までに準備をするものと、当日検査場で準備するものとの2つがあります。

まず、期限付きの道路の通行許可証となる車検証があります。

通常は、車内に保管がされていますが、万が一無い場合には付いているナンバーを管轄する運輸支局で再発行の手続きを行う必要があります。

次に自動車納税証明書があります。


納税証明書は、毎年4月1日現在の車の所有者に対して課せられる税となっており、納付がなされていない場合には検査を受けることができたいために注意が必要になります。

また、24カ月定期点検整備記録簿も必要になりますが、この場合、検査後に点検整備を行う場合には準備をしなくてもよいことになっています。


検査には、自動車損害賠償責任保険証明書も必要になります。

安心安全の船橋市の車検は支持されています。

この書類は自賠責保険に加入をすることによって発行され、検査では24カ月分での加入を行う必要があります。

新車時の場合には37カ月分の加入が必要となりますが、手続きに関しては検査当日に行うこともできるようになっています。

次に自動車検査表があります。この用紙は検査ラインの結果を記入する用紙となっており、ここで1つでも不合格が出てしまうと、検査が通らないことになります。

他に必要なものとしては、自動車重量税納付書やマークシート方式となる継続審査申請書があり、特に継続審査申請書ではコンピューターで読み取ることになるために、丁寧に記入をすることが大切なことになります。



Copyright (C) 2015 車検に必要な書類について All Rights Reserved.